無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
高速道路での事故
JUGEMテーマ:高速道路

高速道路は、雨の日、風の日、雪の日、荒れた天候下で事故は起こります。

行楽シーズンの帰り、渋滞でも何回もヒヤリとした経験が…

家族連れの車で渋滞で動き出したタイミングで急ブレーキ、後続の私の車も急ブレーキで難をのがれたことも。

次の記事は九州の事故の例です。


福岡-高速道路で事故、5歳女児後続車にひかれ、死亡

1日午後2時55分頃、福岡県太宰府市向佐野の九州自動車道下り線太宰府-筑紫野インター間で北九州市八幡西区茶屋の原2丁目、会社員立花直樹さん(19)の軽乗用車が左側のガードレールに衝突、その後中央分離帯に激突して停車した。
その際後部座席にいた父親正博さん(53)と妹の楓(かえで)ちゃんが車外に放り出された。
楓ちゃんは後続車にはねられ死亡した。立花さんと正博さんそして助手席に乗っていた妹の咲さん(16)は軽傷だった。
県警高速隊によると現場は見通しの良い片側3斜線で、直線道路だった。
現場付近は時々降雪があり時速80キロに速度が規制されていた。
立花さん家族は大分の親類宅に行く途中だった。この事故で、九州道下り線の太宰府IC―筑紫野IC間が約3時間通行止めになった。

車外に放り出された女の子は年齢が書いてないので良く分かりませんが、姉の年齢から10歳前後だと思います。

が、多分、シートベルトをしていなかったか、チャイルドシートに載ってなかったのかもしれません。

結構九州では見かけるのですが、親がそんなに注意を払わなかったりするんですよね。

走行中席から子供が離れても怒らないし、サンルーフから頭を出しても怒らない親も時々います。

でも、事故で車がスピンし、そのあとどこかにぶつかったりすると、子供の体は遠心力で空いた窓の隙間からでも簡単に外にでてしまいます。

ご自分の子供がかわいいなら、チャイルドシートに座らせ、ベルトの習慣をつけましょうね。



気分を変えて、ご愛嬌ですが、高速道路の標識風の絵を作るサイトがありました。
こんな感じ…


ちょっち制限で表現できないこともありますが、まーご愛嬌。

高速道路風標識ジェネレーター(実際のサイト)

プログラミングを始める10の理由(紹介ページ)

| どーら | 事故 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |